ry-comme
[管理者に連絡]
日付:20170423 コメント:5


5 Unknown (伊勢白山道“供養は自己責任・自主判断ですることです” 質問者は男女の性別を書いてね)
2017-04-23 23:03:12
空鈴宙留

リーマン様、毎日の記事の更新ありがとうございます。

注連縄の飾る場所ですが、私も玄関の内側ドアの上部に飾っていました。賃貸マンションの狭い玄関で玄関入って正面は出っ張りとかは無く、左は下駄箱、右の壁も釘とか打たないと注連縄を飾れそうにありません。
それで、色々検討した結果、突っ張り棒にメッシュ板が付いた、突っ張りラックを設置してみました。

。。。。まあ、良いでしょう。
静観です。




4 お知らせ (伊勢白山道“供養は自己責任・自主判断ですることです” 質問者は男女の性別を書いてね)
2017-04-23 20:03:50
http://blog.goo.ne.jp/isehakusandou/e/637fd676bf6f7c62a6be0836aa150ada?st=0#comment-form

この記事への返答を終えました。

2日遅れで、返答中です。




3 Unknown (伊勢白山道“供養は自己責任・自主判断ですることです” 質問者は男女の性別を書いてね)
2017-04-23 09:14:31
匿名女性

書店で以前、霊能者の本を手にして眺めていた事を思い出して質問をさせてください。その本は全部がエッセイになっているのですが一頁毎に色々な絵の具を使った〜の癒し、〜の癒し

。。。有料先生に憑けられる、リピーターにされる霊的磁気の輸血に注意。http://goo.gl/IUF40u

伊勢白山道 問答集 第1巻【感謝の先祖供養編】 http://amzn.to/2bzu95u

過去の間違いに目が冷めます。
運気を失くす真逆、魔逆が社会にお多いです。
自己判断しましょう。



3 質問お願いします(女性) (181808)
2017-04-23 02:21:34
リーマンさんの記事がこんな時間にアップされており驚きました。こんな時に質問をお許しください。
海外在住ですが、一時帰国中に注連縄を購入し玄関外側の扉の上に飾ったのですが、そこには主人が魔除のために飾っていた鏡がありました。その場所を譲ってもらったわけですが、そしたらなんとその鏡が両開きで2枚ある扉の左側大人の顔の位置にドーンと飾られてしまいました。。私が購入した注連縄は玄関用のものが在庫切れだったので、神棚用の小さなものです。
外から見た時に鏡の存在感がありすぎるのと、そもそも鏡を設置するのは良くないのではないかと思っております。
注連縄の位置はこのまま玄関上かそれとも扉の左側の大人の顔の位置あたりへ移動した方が良いでしょうか?
その場合、主人は鏡を元の玄関外扉の上へ設置すると思いますが問題ないでしょうか?
家族の信じる宗教には不干渉ということなので、争いにならないように静観しております。
神棚も飾りたいのですが主人のお祈り用の仏像などが要所要所に飾られていて場所が作れずにおります。。



2 Unknown (伊勢白山道“供養は自己責任・自主判断ですることです” 質問者は男女の性別を書いてね)
2017-04-23 07:28:43
2017-04-23 02:21:34 181808

リーマンさんの記事がこんな時間にアップされており驚きました。こんな時に質問をお許しください。
海外在住ですが、一時帰国中に注連縄を購入し玄関外側の扉の上に飾ったのですが、そこには主人が魔除のために飾っていた鏡がありました。その場所を譲ってもらったわけですが、そしたらなんとその鏡が両開きで2枚ある扉の左側大人の顔の位置にドーンと飾られてしまいました。。私が購入した注連縄は玄関用のものが在庫切れだったので、神棚用の小さなものです。
外から見た時に鏡の存在感がありすぎるのと、そもそも鏡を設置するのは良くないのではないかと思っております。
注連縄の位置はこのまま玄関上かそれとも扉の左側の大人の顔の位置あたりへ移動した方が良いでしょうか?
その場合、主人は鏡を元の玄関外扉の上へ設置すると思いますが問題ないでしょうか?

............玄関外、ならば自由で問題はないです。
鏡と共生できる場所で良いです。
無理は不要です。

現状で静観も参考に。



1 Unknown (伊勢白山道“供養は自己責任・自主判断ですることです” 質問者は男女の性別を書いてね)
2017-04-23 07:16:03
2017-04-23 03:30:15 Unknown

知らないことが多いのですが、調べられることは自分で調べてます。リーマンさんおすすめやアドバイスも無視できません。いくつか参考にできて、どん底ですが、リーマンさんのお陰もあって心が元気を取り戻しつつある最中です。
最近知った衝撃的なことで質問してしまうのお許しください。素直に、自分が好んでこのブログを閲覧してきて今更こんな質問してしまうの申し訳ないです。

。。。。私の場合は最初は、読者からの要望が始まりです。
パソコンが苦手な方々から、出先で読める本にして欲しいということからです。

それまでは、出版社からの依頼が複数もコメント欄に来ましたが、スルーしていました。




コメントが表示されていない場合は、伊勢白山道リーマンさんが書き込みしていないという事だと思います。
書き込みしているのに表示されない場合は、このページの修正が必要です。修正が完了するまで、お待ち下さい。
過去記事に投稿された質問コメントの表示機能はございません。


今日の過ん去

このページのトップへ

二日前    一日前    最新記事のコメント