本家 | 真客

今日の日記 2.22

2008-02-22 22:36:28 | Weblog
今日と明日の二日間は、会社の年に一度の製品の展示会を
しております。 初日の今日は、とても疲れました。
特殊な分野の業界の製品なので、一般の方が対象では無く
従来のユーザーが対象です。
毎年、会場の片隅を提供して、集まる御客さんを楽しませる
ような業者を呼んでいます。
去年は、玩具屋さんでした。 ワゴン車に珍しいオモチャを
満載して、全国の催事場を専門に回る人でした。
お客が途切れたときに色々と話をしたのですが、家に帰るの
は、一ヶ月に5日間ほどらしいです。宿泊は、コンビニの駐車
場での車中泊か、健康ランドでのごろ寝だそうです。
大変な仕事だと思いました。これでは、毎日24時間残業して
いるような仕事だと思います。
私のように、毎日、伝書鳩のように帰宅して、自分の時間を
好きな様に楽しみ、毎日の御風呂と慣れたベットで寝れる事
の有難さを痛感しました。
そして、今年の業者さんは、天然木製品の家具や神棚を売る
業者でした。 大きな6tトラックに製品を満載して、2名で全国
を回る方でした。 荷物を降ろし並べるだけで、梱包を解く
作業が有る為に2時間近く掛かっていました。神棚は、細工
や金具が非常に派手で、違和感満載の中国製でした、笑。
今日の業者さんの売上げは、0円でした。明日は、もう来ない
で別の会場へ行くとのことです。 
去年の玩具屋さんにしても、売上金は会社が代払いするため
に正確な金額が分かりますが、僅かなものでした。
とても、ガソリン代や経費が捻出できると思えません。

昔のジプシーのような生活をされる方々が、現代でも居られ
ると思いました。 生きることは、本当に大変だと思います。
・・・だからこそ、

今日も 生かして頂いて ありがとう御座います

人類の 5% 運動を広めたいです。
   
応援して下さる方は、この4箇所をクリックして下さい。
初めての人は、左側のCATEGORYを読んで下さい。





本家 | 真客

色々な形の登山

2009-02-22 10:19:51 | Weblog

 霊峰白山の山頂付近で初めて修行を始めたのが、泰澄
(たいちょう、682年生)さんです。1300年も昔の事です。
白山地元の白峰に伝わる伝説では、泰澄大師は生涯を通じ
て延べ1000日間を山頂で過ごしたと言われています。
白山の山頂は、1年の内約半分は雪と氷の世界に閉じ込め
られているので、山頂に人間が生存できる期間は限られてい
ます。
泰澄大師は白山以外も巡礼されているので、約20年間を掛
けて1000日間を白山山頂で修行されたのではないかと地元
では言われています。
800年程前の文献によると、白山に登山した修行僧は既に
年間2万人ほどもいたそうです。交通が発達して登山者制限
がない現在でも登山者は年間2万〜3万人なので、当時の
白山信仰に対する熱狂的な特殊性を考えさせられます。
800年前の日本の人口は、700万人以下とされています。
http://www2.ttcn.ne.jp/~honkawa/1150.html
人口比率で考えると凄い事です。しかも男性の修行僧が限定
での2万人の数字です。いかに白山信仰が特殊だったかが
分かります。
泰澄さんは、幼少から仏を木に彫るのが上手かったそうです。
どこで仏像を見たのか、容姿の細部まで上手く表現されたと
のことです。その泰澄さんが白山山頂で篭もる間に、沢山の
小さい石仏を刻み作成しています。
しかし明治の廃仏毀釈で、その大半が霧散しました。
地元のベテラン登山者曰く、白山山頂では日の出の時間帯
には、雲や光の加減で大空に大きな大仏坐像が現れるとの
ことです。実際に何度も写真撮影されて地元新聞にも載った
そうです。ご自身も朝日を浴びて、真後ろの日陰を見ると
何重もの後光がさす、座した仏像みたいな影が現れた経験
を何度もしました。
白山登山は、真夏の7月でも雪渓が存在して初心者には
危なく、8月から10月が良いそうです。

信仰目的の登山の良いところは、自分自身の足腰しか当て
に出来ない事
を嫌でも思い知らされる事だと思います。
この事を、下界で生活していると人間は忘れてしまうのです。
登山中は、どんなに美しい景色を見ようが、楽そうに登山
する人物と知り合おうが、自分のペースで歩き進むしか山頂
には近づけません。
また、ただの苦しい登山でも駄目なのです。
神仏を意識しながらの登山でなければ・・・。

私は、遠くから白山を眺め拝むのが好きです。
全体が良く見えるからです。
御金さえ出せば大きなバスに乗せて崇高?な山に連れて
行くと自称する無免許の運転手がいます。
高額なキップを買って乗り込んでも、バスが行けるのは山の
麓の末端です。そこまでしか人工的な道路がないからです。
山の麓で下ろされても、山全体は逆に見えないものです。
山頂の方向すら分からなく成ります。
騙されて山から離れた所で降ろされても分かりません。

崇高な山を見て崇めながら、下界で人々と混ざり合いながら
私は頑張って生きて行きたいと思います。

生かして頂いて ありがとう御座位ます

人類の 5% 運動を広めたいです。
     

応援して下さる方は、この4箇所をクリックして下さい。
クリックして現れるランク一覧の中から伊勢白山道を押してね。
初めての方は、まずCATEGORYの「初めての方へ」、先祖供養については
BOOKMARKの「短冊と線香による先祖供養ダイジェスト」をお読み下さい。
読者のコメント欄には、大いなる学びが有りますので必読です。

クリックは毎日してね!




本家 | 真客

ムダな努力などはありません

2010-02-22 10:47:21 | Weblog

私が二十歳過ぎの頃の話ですが、バイクで奈良の大神神社(おおみわじんじゃ)から伊勢神宮への参拝を、一日の間にする事を年に何度もしていました。
大昔に皇女の倭姫命(やまとひめのみこと)も、天照太御神を背中に担ぎながら奈良と伊勢の間を往復したと感じつつ、太古からの山並みを見ながら走っていたものです。
ある時、私のお腹が下った感じを覚えて、トイレを捜しました。今でもそうですが、奈良〜伊勢間の国道には店がまったく無い区間がかなりあります。困ったと思っていましたら、石材屋さんか土建業を営む感じの民家が在り、家の前でお爺さんが水を撒いていました。
お爺さんにトイレを貸して欲しいとお願いしましたら、私の顔を見て快く案内して頂けました。終わった後に御礼を言いましたら、 「今から何処に行かれるのですか?」 と聞かれました。
私は「大神神社から伊勢神宮への参拝に向かう途中です」と返答しましたら、お爺さんは「ああ、それは良いことだ」と仰って、とても嬉しそうな笑顔を私に返してくれました。

その日の参拝を終えた後も、お爺さんの笑顔が私の印象に残っていました。
後で知った事なのですが、伊勢へ通じる地域の伝承に、伊勢神宮の参拝に向かう人にトイレを貸すのは、とても縁起が良い福を呼ぶ前兆となる伝えが大昔から在ると聞きました。
助け合いの精神を喚起させる意味も在るのでしょうが、霊的には有り得るなと思いました。
神様に参拝しようとする「気持ち」を持つ人を助けるだけでも、同じ神様に参拝した事に成る霊的側面は在ります。

アメリカなどでは、お金持ちが寄付をする習慣は、かなり積極的に行われています。
合理的で個人主義な思考をする人々が多いのですが、大きな寄付をする様です。これは彼らが、この世のアル仕組みを「知っている」と感じます。つまり戦略的な霊的投資をしている面も有ります。この現実界では他人にした事は、善悪両方が自分自身に帰る事を知っているのです。アメリカの成立には、白黒両方の魔術が根底に在ります。

この世は合わせ鏡の様に、自分の「行為」は色々な形に変化して自身に帰るのです。ただ、その帰り方が変化してしまっており、時間差も在るので直接に結び付けて理解出来無いだけなのです。
だから安心して下さい。不運などは一切無いのです。全てが合理的に完全に機能しているだけなのです。
だから逆に言えば、努力する事は絶対にムダではありません
した事は必ず自分に帰ります。
ただ、自分の努力が、どんな反映を生むのかは、良心に基づいて絶えず考える事は必要ですよ。
どんな不運も不幸も大丈夫です。日々、先祖霊や縁ある霊たちを癒す行為は、自分自身に必ず反映して来ます
だから思考で漏電していても何も始まりません。生きる人間を助ける事が出来れば最高ですが、なかなか難しく大変です。先ずは、物が言えない先祖霊から癒しましょう。これが自然に発展して行きます。

生かして頂いて ありがとう御座位ます

人類の 5% 運動を広めたいです。
    

応援して下さる方は、この3箇所をクリックして下さい。
携帯からクリック出来ない場合は、
http://www.geocities.jp/poriporry/m/ 
クリックして現れるランク一覧の中から伊勢白山道を押してね。
初めての方は、まずCATEGORYの「初めての方へ」、先祖供養については
BOOKMARKの「短冊と線香による先祖供養ダイジェスト」をお読み下さい。
私の返答が無いコメントは、霊的な問題では無いと言う事です。
個人的な相談はメールでは無く、コメント欄でお願いします。
タイトル名に必ず、質問、と記入してください。




本家 | 真客

空の次元とは鏡です

2011-02-22 11:31:11 | Weblog

今朝も窓越しに太陽を拝していました。窓ガラスを挟んでですが、腹式呼吸をしながら数分間
「 アマテラ“す”オホミカミ  アマテラ“す”オホミカミ 」と何度も想起(心中で思うこと)しました。近年は「ス」の音を強く出す意識が自然とでます。
このアマテラスオホミカミの2回単位の発声なり想起が、神道の奥義であり実践的に内在する神気を発動させる太祝詞(フトノリト)です。(http://blog.goo.ne.jp/isehakusandou/e/88f8cde410c97ae58b7dc28fc5e6913f
無言で心中で想起する時は、「ス」音でお腹が最大に息を吸って張った状態です。
発声する場合は逆に、「ス」音で腹が一番へっこむタイミングとなります。
私は普段でも仕事をしながら、フトノリトを想起しています。
想起する言葉の速度は、超低速から高速まで、臨機応変にその場所や状況で変化しています。やはり、邪気を感じる場所では、速いフトノリト想起をしています。

フトノリトの2回単位のリピートは、私の意識を直ぐに「安定」「調和」という絶対母性の海へと誘(イザナます。
この母性の海に浸かりながら、この世での仕事や困った人々と話をしますと、慈悲の視点で見ることが出来ます。
この「鏡」のような状態の私に対して、他人から向けられる意識は、増幅して本人自身に反射すると感じます。色々な思いが本人に帰ることでしょう。
今朝の朝日を拝したときに、太陽もまったく同じだと感じました。
神話では、天照太御神は孫のニニギノミコトが日本へと神界から降りて行く決意をされた時に、鏡を手渡して「私、太陽神アマテラスオホミカミだと思って大切にしなさい」と伝えました。
これは言葉通りに、太陽=鏡(カガミ:反射する物)だということです。そのままの解釈が正しいのです。

つまり、鏡である太陽の熱は、地球の熱が反射していると感じます。(良い子の学生は、今の教科書を尊重してね)
今の科学では、太陽自体が巨大な熱源を発生していると考えています。しかし、私の感応では、太陽自体の本当の温度は体温ほどでした。
なぜ体温と感じたのか?それは今の私が人類だから、自分の体温が太陽に反射をするので、そう感じたと思います。
つまり太陽を観測する天体ごとに、その星や宇宙の場所ごとに太陽の表面温度は違った観測データが発見されることでしょう。
太陽望遠鏡には、太陽表面の躍動するコロナが映っていますが、これは地球の内部のマグマ活動が反射して観測していると考えますと面白いです。人類の思いは、太陽黒点として観測されている感じがします。
上記のことは、地球の磁場から「遠く離れた別の」宇宙空間から太陽温度を観測することにより、今までの概念の矛盾が露見することでしょう。

対人関係や社会生活で悩む人は、太陽のように反射する鏡に自分自身が成れば良いです。すべてが解決します。
自分が他人の嫌な思いを受け取る間は、まだ心の太陽(内在神)が発露をしていないからです。
逆も有ります。
つまり、自分が持つ嫌な思いが、相手の鏡に反射して、自分で怒っている場合が多いのです。
つまり、犯人は自分自身だったのです。
他者から来る刺激が、それが嫌な物だと分かるのは、自分が同じ物を持つから理解できるのです。
本当に純粋で無垢な子供は、イジワルをされていても気付かない場合があるのと通じます。親が聞いて初めて、それがイジワルだと分かります。
絶対的な善意ですべてを受け取れば、アハハ〜と気にせずに通り過ぎているものなのです。いちいちと受け取っているようではダメです。

反射する鏡とは、与える一方でもありますね。
どうやら鏡的な生き方に、この世の幸福の秘密が在りそうです。なにせ、天照太御神は自らが鏡だと神話で言ったのですから。
自分の心に既に在る鏡を出しましょう。

生かして頂いて ありがとう御座位ます

下の三ヶ所のクリックも、毎日宜しくお願い致します〜。

人類の 5% 運動を広めたいです。
    
応援して下さる方は、この3箇所をクリックして下さい。
クリックして現れるランク一覧の中から再度、伊勢白山道を押してね。
携帯からクリック出来ない場合は、
[携帯用画面]
http://www.geocities.jp/poriporry/m/ 
サプリ関係 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_health.html
生活用品 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_life.html
蒸留水関係  http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_water.html
祭事関係 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_kuyou.html

[注意書き]
初めての方は、まずCATEGORYの「初めての方へ」、先祖供養については
BOOKMARKの「短冊と線香による先祖供養ダイジェスト」をお読み下さい。
携帯からアクセスの場合はアーカイブの中にCATEGORYがあります。
私の返答が無いコメントは、霊的な問題では無いと言う事です。
個人的な相談はメールでは無く、コメント欄でお願いします。
聞きたい時はタイトル名に必ず、質問、と記入してください。
病気や体調については、医師の診断を受けて優先してください。ここでの話は、
あくまでも参考意見です。先祖供養や健康食品の実践は、自己で判断して決めてください。
強要は決して、しておりません。
過去コメントの削除はしませんので、コメントを書かれる時は慎重にしてください。


全ての質問と疑問の答えが、この本にあります。
「読むだけで人生が変わるたった一つの方法―伊勢白山道Q&A事典」 
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4766711009/isehakusandou-22/ref=nosim


簡単な表現の文章ですが、強い改善力を目覚めさせる本です。
「だいじょうぶ!「幸せの神様」が微笑んでいる」
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4391139154/isehakusandou-22/ref=nosim
修正点です。174ページ4行目の続きには以下の文面が入ります。
「いかないのです。まずは、心に神様を意識して生きましょう。」


リーマンの最新著書:伊勢と白山の統合写真集。価格も奉仕です。
伊勢神宮から白山へ、その聖なる軌跡
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4270006099/isehakusandou-22/ref=nosim