本家 | 真客

避ければ、振り出しに

2008-03-28 21:08:25 | Weblog
読者より :
自分に起きることにも、おかしいことが多くて、どういう事情なのか、それを知ることで供養が進む、または、ご先祖様が知ってほしいと思っているようなら、知りたいのですが・・・、大変お手数で申し訳ありませんが、どんな先祖の方が供養を必要としているか、どんな思いをお届けすればいいか、リーマンさん、通訳お願いできますでしょうか?
返答 :
先祖霊も1つの魂。 自分自身も1つの魂。 両者の違いは
この現実界で肉体が有るか無いか、だけです。
どちらが偉いも低いも無い、根源の存在へ還る旅の途中の
同じ立場の旅人同士です。
私達は今回の旅に出発する前に、過去に貯めた貯金と借金
の額に合わせて、大まかな旅行コースを自身で決めて出発し
ています。旅行コースによっては、そんな危険で苦しいコース
は止めた方が良いと先生から言われていながらも、景色を
体験したいが為に、自分で貧乏旅行を覚悟の上で出発してい
ます。
でも、いざ後戻り出来ない旅に出てしまうと、なぜ自分だけは
歩き旅なんだと・・・・追い越していく馬車に乗る旅人を横目で
羨ましがってしまいます。
今回の旅で通過させて頂く”道”(家系の霊線)には、石ころや
障害物が存在することも、もちろん知っていました。
それらを1つ1つ片付けながら進み、喜怒哀楽、感動を体験
しながら、大きな大きな道に合流するのが旅行の目的です。
もし、石を跨いで避けながら進んで行けば、途中でまた後戻り
する道に迷い込んでしまい、気が付くと歩みが全然先に進ん
でいなかったことを知るでしょう。 
大きな道に合流するまえに、旅の予算が尽きてしまう人が
多いです。 振り返れば、初めは険しい道だったものが綺麗
な道に変わていることが理想です。
さて石の1つ1つに、こだわっては生けません。
1つの石の色や姿にこだわっていては、歩く速度が遅くなり、
日が暮れてしまいます。 こだわっていると切りがありません。
たんたんと片付けながら、ただ歩いて行けば良いのです。
その歩く方向は、空に在る太陽の位置を確認しながら進んで
行けば、方向を間違うことはありません。

伊勢白山道では、個々の故人の位牌を必要としません。
個々の故人に拘ると、逆に故人の現世への思いが消え難く
なります。 悲しみを抑えて、笑顔と感謝の気持ちで送り出す
勇気も必要ではないでしょうか。
自身の関わる先祖霊と諸霊を、苗字の道一つで旅立って頂
きます。 同じ道を使用した先輩の先祖霊の中で、道を歩き
切った先祖霊は、次の新しい旅に出る前に、成長させてくれ
た前回の道を歩む後輩を、恩返しの意味も含めて必ず見守
ってくれます。 

生かして頂いて ありがとう御座います

人類の 5% 運動を広めたいです。
   
応援して下さる方は、この4箇所をクリックして下さい。
初めての人は、左側のCATEGORYを読んで下さい。



本家 | 真客

霊的師は害悪

2009-03-28 10:45:45 | Weblog

精神世界において師弟の関係を重視したり、自分が誰々の
弟子だと言う事を誇りにする先生様は駄目です。
その言葉だけで、自らの霊性が低く半端者である事を宣伝し
ています。このような先生の実際の霊性は、社会で働く人間
の半分も発露していません。
自身の内在神が隠れ、他人の霊的色に染まる事を良い事だ
とする、致命的な勘違いをしている人間です。
こんな人間が更に自分の弟子を持ち、ロボット人間を増やし
ています。 伝授などと称して、個人が持つオリジナル霊性
(根源存在に直結しています)に垢を憑けます。
弟子は弟子で、垢の「違和感」を初めての感覚として喜び
歓喜しています。

禅の世界ではよく、
「師に会ったら師を殺せ、仏に会ったら仏を殺せ」と言いま
す。とくに一休さん、そして白隠や道元も似た意味を示唆して
います。 これのハッキリとした説明が残されていません。
これらの大悟した先達の後に、組織運営をするにあたり支障
があるからです。 説明が無い、あやふやな状態で言葉だけ
が継承されました。
後世の人々は「他人を頼らないこと」「自己内に向かわせる
方便」などに解釈されています。
真実は、そんな甘いものではありません。
一休さんは、二十歳代半ばで大悟した時、
「ははあ〜ん、俺は何と遠回りをして来たんだ。」
「俺を迷わした張本人が憎い。」と真底怒ったのを感じます。
その後の彼の行動は、仏教界の常識を破る強烈な嫌味の
パフォーマンスの実践でした。 「人間」を惑わす師匠などの
存在は、勘違いの元であり「師に会ったら師を殺せ」の言葉
のままを本当に思っていました。

道元は形式に拘らず、ただ「座れ」と言いました。
ラマナ・マハリシは、
瞑想をしてはいけません。ただ、そこに在(あ)りなさい!
そして、あなたは「在ろう」と考えてはいけません。
ただ、在りなさい!
では、在るとは何か?についても考えてはいけません。
何故なら、あなたは既に「在る」からです。
と、言いました。

人間として生まれた時点で、既に「大いなる存在」を宿して
いるのです。後は、限られた時間内を、大いなる存在と共に
歩いて行くだけなのです。

この物質世界である現実界は、時間も含めて全てが
「縦の流れ」です。
先生と生徒。上司と部下・・・の様に、主従関係が大切です。
これを尊重しなければ生けません。
物質世界の知識は、先に学んだ者が後者に伝達する事が
できます。伝達作業には、お礼も当然発生します。
しかし、精神世界では全く違います。
精神世界は、大いなる存在の前に「横一列の世界」です。
横並びの世界で、師弟関係は有り得ません。
人間の霊的師匠なんて、大いなる存在の前では罰当たりで
愚かな人間にしか写りません。ましてや、大いなる存在を匂わ
せて金銭を弟子から吸い上げていれば、大いなる存在でも
怒ります。 私は、あなただけのモノでは無いと。
大いなる存在の前では、全員が横並びの同列で完全なる平等
です。
さあ、あなたのままで良いから、安心して転げ回って下さい。
この言葉を胸に、

生かして頂いて ありがとう御座位ます

人類の 5% 運動を広めたいです。
    

応援して下さる方は、この3箇所をクリックして下さい。
クリックして現れるランク一覧の中から伊勢白山道を押してね。
初めての方は、まずCATEGORYの「初めての方へ」、先祖供養については
BOOKMARKの「短冊と線香による先祖供養ダイジェスト」をお読み下さい。
読者のコメント欄には、大いなる学びが有りますので必読です。

クリックは毎日してね!




本家 | 真客

全てを生かし切る

2010-03-28 11:30:50 | Weblog
子供の精神的な問題や健康、不運な問題を観ていますと、家系に関係する満たされていない子供の霊の影響を受けている場合が多いのです。
子供の霊が好き好んで嫌がらせをしている訳では無いのです。自分が体験出来なかった事が出来る、生きている縁在る子供に寄って来て、同じ様に味わいたいだけなのです。
ただ、この世に干渉する霊の状態とは、亡くなった時の苦しさや無念の思いのままの状態で生きる子孫の側に寄るのです。
私たちも不満ばかりを発信している人物が側に居ますと、自分も影響を受けてイラつくものです。これと同様な事が起こり、霊の影響を受けます。
私たちは、自分と縁有る霊を代表して生き、その先輩たちの果たせなかった喜怒哀楽を明るくこなす事で、過去の人々をも「生かし切る事」が出来るのです

この様な満たされない縁有る霊の影響とは、
1。供養や宗教から離れて居れば影響を受けないか?
・・・いいえ、受けます。避けていても影響を受けます。
2。神様を信仰していれば、縁有る霊からの影響を避ける事が可能か?
・・・いいえ。干渉する次元が違うのです。神様への信仰とは、自分の魂との次元の関係性です。家系から自分が肉体を借りている間は、肉体と霊体(=魂を包む物)のレベルへの対応が、神様への信仰以外に必要です。
3。瞑想や宗教的な修行で、霊の影響を避ける事が出来るか?
・・・いいえ。私たちに内在する真我(内在神)は、肉体霊体レベルを超える物ですから、霊の干渉を受けない不滅な物です。しかし自我(意識)のレベルでは、常に肉体を借りている家系の霊線の状態の影響を受けています。
また、宗教的な修行には、縁有る霊を封じ込める、焼く、縛る行法が非常に多いのです。これは家系の霊線を縛り、家系が絶滅する方向に向き、自分が借りている肉体を弱める結果を呼びます。

つまり、この世は
1。自分に縁有る霊を先祖霊を中心として、思い遣りの情け心からの供養を実践して行く。これにより、自分が借りている肉体と霊体に関わる霊的ハンディを軽減し、後は自分が出来る生活努力を行う。
2。正しい感謝の信仰により、自分に内在する魂の目覚めを意識する。
この上で、自分の目の前の事に努力して生活する事で、内在する神との一体感に気付く事が出来るのです。

生かして頂いて ありがとう御座位ます

人類の 5% 運動を広めたいです。
    

応援して下さる方は、この3箇所をクリックして下さい。
クリックして現れるランク一覧の中から伊勢白山道を押してね。
携帯からクリック出来ない場合は、
http://www.geocities.jp/poriporry/m/ 

初めての方は、まずCATEGORYの「初めての方へ」、先祖供養については
BOOKMARKの「短冊と線香による先祖供養ダイジェスト」をお読み下さい。
携帯からアクセスの場合はアーカイブの中にCATEGORYがあります。
私の返答が無いコメントは、霊的な問題では無いと言う事です。
個人的な相談はメールでは無く、コメント欄でお願いします。
タイトル名に必ず、質問、と記入してください。