本家 | 真客

般若心経 後編

2008-01-19 19:25:16 | Weblog
鳩摩羅什が頭巾を被り、街角で元弟子の一人に般若心経を
託す姿を感じます。 これは、膨大な大般若経の高徳を凝集
した御経であり、その効果は絶大であると伝えました。
そして、般若心経は作者不明のまま、徐々に広まって行きま
した。 僧侶には、その御経の洗練された内容と流れを見れ
ば、それが特別な御経であることが分かります。

般若心経は、最後の一文を除いて、最初から後半までを観る
と、問題はありません。 仏教の膨大な空の概念と、仏の
知恵を簡潔かつ完璧に近く現しています。
その内容は、現代物理学の
宇宙における、全エネルギーの
総和は一定である、 という エントロピーに関する法則をも
示唆しています。
問題は最後の
”羯諦羯諦波羅羯諦波羅僧羯諦菩提薩婆訶”
です。 このガテイー、ガテイーで始まる文章は、呪文です。
一般的には、この箇所は、”進め、進め、悟りを目指せ”など
色々な解釈がされています。
これは、霊的な言霊ですので、漢字や文には意味は有りま
せん。 この呪文を最後に加える事により、前半の御経
全体の持つ意味、その波動はガラリと変わります。 
私には、”滅びろ、滅びろ、欲深き者は全て滅びろ” と、
作用する波動を感じます。
この波動は、呪い、嫉妬、欲、不安感・・・などの悪い感情
だけを増幅する波動です。
現代の日本にも、般若心経を唱える、一般人以上に欲深い
破戒僧が存在するか否かの判断は、読者に任せます。
病気への恐怖を抱える人や、鬱病の人間が般若心経を
読誦すると、その症状が悪化すると私は思います。 
心が明るい人が読誦しても、問題は無いでしょう。

般若心経について、私の一方的な独論を書きましたが、ここ
まで日本において般若心経が浸透したのは、大きな神意が
在るからだと思います。 従って、般若心経に対して、今まで
の習慣や、その場を壊す様な事をすると、逆に悪い縁に成り
ます。感謝の気持ちを持ちながら、般若心経を読誦する事が
大事です。 そうすれば、何も問題は有りません。
般若心経は、人間の心の本心を燻り出させるものかも知れま
せん・・・・。
今回、鳩摩羅什のリーディングを行った過程で、彼の過去生
提婆達多
(だいばだった)の因縁を有していた事は、意外
でした。 また、日本では、恨みの念に凝り固まった顔相を
般若と呼ぶのは、偶然ですが日本語の不思議さを感じます。

生かして頂いて ありがとう御座います

   
応援して下さる方は、この4箇所をクリックして下さい。



本家 | 真客

愛情ある俗物王に成れ!

2009-01-19 09:38:03 | Weblog
不景気に成ると悩む人が増えるものです。
生きる糧(かて)に影響し始めるからでしょうか。
景気の良い時も、人は悩んでいました。
景気が良ければ、生きる糧はアタリマエで心配しないので
しょうが、その時は男女の痴情や他人との外観の比較で悩
んでいるものです。
ようは、何時も人は悩んでいるのです。
魂を成長させる為に、現実界では絶えず「悩む」方向に向く
ように成る法則が有ります。
実は、悩める人は幸い成る人です。
歳を取り成長の見込みが無くなると、段々と物忘れが始まり
悩まなく成って行きます。これも、神の恩寵かも知れません。
人間が悩める間は、成長の可能性が残存しています。
神が期待している魂の成長のために。
明るい心根で、大いに悩めば良いのです。
この現実界を見て、この法則に心底気が付きますと、悩みに
対して「あっかんべ〜」をしながら、真剣に悩む事が出来ま
す。
所詮、肉体を持つ短い期間での事です。
今の肉体を脱ぎ捨てて次の旅に出る事は確定しているので
すから、今の道中での悩みなど大した物ではありません。
どんな悩みも自身の魂を傷つける事は出来ません。
悩みは傷つける事が出来無いのに、自分の心が傷つくのは
何故か?
心を傷付けるものは悩みでは無く、自分自身の心が犯人
です。

悩みから逃げる為に、生き急ごうと歩みを早めるのを緩め、
苦しい中で立ち止まり、ゆっくり味合う勇気が湧いてくれば
最高です。苦しいでしょうが・・・。
悩みを直視し、明るく受け止めて消化出来る為には、自身に
まとわり憑く余計な霊的磁気が無い事が大切です。
これが有ると、どんなに良い話を聞いたり、良い心掛けを
実践しようとしても続かないのです。
悩みに負けてしまい、口先で終わります。
そうならない為に伊勢白山道の実践が有るのです。

どんな悩みの嵐に遭おうとも、愛情さえ維持できれば良いの
です。 コケて泥ん子に成っても、他への愛情さえ無くさなけ
れば、魂に泥は憑きません。
逆に今の旅を大いに楽しんで遣りましょう。

生かして頂いて ありがとう御座位ます

人類の 5% 運動を広めたいです。
     

応援して下さる方は、この4箇所をクリックして下さい。
クリックして現れるランク一覧の中から伊勢白山道を押してね。
初めての人は、左側の「
真客検索システム
」を利用して下さい。
読者のコメント欄には、大いなる学びが有りますので必読です。

クリックは毎日してね!



本家 | 真客

自分なりが最善です

2010-01-19 15:08:00 | Weblog
朝の太陽に手を合わせ、生かされている事への感謝を思う事は、太古から世界中で行われてきた自然信仰の原点です。
ヨーロッパでは太陽の軌道をレイラインとして意識した巨石信仰が見られ、南米でも遺跡の細部にわたり太陽からさす光の残影が意識されていました。
全ての信仰は、太陽信仰に行き着きます。特に日本の神道は、太陽信仰をそのまま継続してきた信仰であり、これ以外の細かい教義は本来は無くて不要なのが真実です。
細かい教えの全てが、信仰を金銭に変える為のただの人間心による手段だったのです。自分自身を権威付ける為に、わざと特殊な内容を言い出します。
近世では、神道界における京都の吉田家などが有名です。神職の免許を認可する様な権威職が存在したのです。この様な特殊な数軒の家系が、平安期以降の日本の神道信仰を牛耳って来た歴史がありました。
特殊な祝詞や秘密事を個人で創作しては、教える代わりに金銭を得ていたのが実態です。この為に現代では、ムダで効果の無い祝詞や呪文だらけです。
私の感覚では、大祓詞(おおはらえのことば)1つだけが神界の波動を「発音」に変換した祝詞であり、その他の全ての祝詞は個人による人造捏造です。
特にアマテラスオホミカミの神名は、太平洋上に消えた幻の浮島の時代からも継続されて来た、「太陽の精」を現す発音であり真実の神名です。
このアマテラスオほミカミの唱え方についても、今までに多くの有料先生や権威者が、独自な奏上方法を主張して来ました。中には、自分達こそが「本当の奏上法を知っている」「他の人は知らない」と勿体ぶってお互いに幼稚な主張をしています。

私が感じるには「アマテラスオほミカミ」の発声には、人間の呼吸=生命活動を調整する作用が在ります。
過去に(1)ア・ラ・ス・ホの音がポイントであり意識すると良いと書きました。
中でも、神名の中心に在る「ス」の音は大切です。
(2)ス音を「吐き出す息」で発声しますと、「祓い」の作用が起こります。
(3)ス音を「吸う息」で発声しますと、その場の気を体内に取り込む作用が起こります。だから、朝の新鮮な空気のもとで、朝日を拝みながら「ス」音を吸う息で発声することは、良い気を取り込む事に成ります。音に成らなくても気持ちだけでも良いです。
嫌な感じの場所では、ス音を吸うのでは無く吐き出す発声が良いです。また夕方の日が沈む時は、その日の穢れも太陽に持ち去って頂くイメージで、ス音を吐き出すのが良いです。

上記の基本を認識をした上で、自分なりのアマテラスオほミカミの発声が、その人の肉体と心境に合った最良の「呼吸」であり奏上法と成ります。
他人の先生が勿体ぶる奏上法は、その人だけのものに過ぎません。
自分にとっての最善は、すべて自己の中に既に在ります。

生かして頂いて ありがとう御座位ます

人類の 5% 運動を広めたいです。
    

応援して下さる方は、この3箇所をクリックして下さい。
携帯からクリック出来ない場合は、
http://www.geocities.jp/poriporry/m/ 
クリックして現れるランク一覧の中から伊勢白山道を押してね。
初めての方は、まずCATEGORYの「初めての方へ」、先祖供養については
BOOKMARKの「短冊と線香による先祖供養ダイジェスト」をお読み下さい。
私の返答が無いコメントは、霊的な問題では無いと言う事です。
個人的な相談はメールでは無く、コメント欄でお願いします。